副作用が少ない方を選ぶ

tired girl

アフターピルには「ヤッペ法」と「ノルレボ錠」の2種類があります。
アフターピル通販を初めて利用する場合、どちらを購入すれば良いかわからないという人も多いでしょう。
これはほとんどの口コミサイト、ほとんどの病院で同じことを言うと思いますが、アフターピル通販で購入する際のおすすめは「ノルレボ錠」です。
ヤッペ法にメリットがあるとすれば、その価格の安さでしょうか。
ヤッペ法は中用量ピルを2度に分けて服用することで避妊する効果があります。
まず、性交後72時間以内に1錠、そしてその後12時間後にもう1錠を服用します。
2度に分けて服用する必要があるので飲み忘れのリスクがあります。
ノルレボ錠は性交72時間以内に2錠を1度に服用します。
1度に飲んでしまうのでヤッペ法に比べて飲み忘れが少ないため、
避妊失敗率もヤッペ法が3パーセントであるのに比べて、ノルレボ錠は1パーセントと、かなり低くなっています。
それだけでなく、ヤッペ法よりはるかに副作用が少ない薬として、ノルレボ錠をおすすめする人が多いんですね。
アフターピルを服用した際の主な副作用は、吐き気です。
ヤッペ法を服用した場合、吐き気が約50パーセント、嘔吐は約18パーセントの確率で起こっていましたが、
ノルレボ錠の場合は吐き気は約10パーセント、嘔吐は0パーセントと、極めて副作用が少ないことがわかります。
アフターピル通販でアフターピルを買い置きしておく場合、病院を受診せずに服用することになりますよね。
病院で処方してもらった場合は副作用が起こった場合のアフターケアも充実していますが、
アフターピル通販を利用する場合はそのようなサービスがないので、より安全だと言われているノルレボ錠を購入することをおすすめします。